Layabout

物忘れが激しく物覚えが悪い、三十路の備忘録

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンサムジャパン

2013.02.14 (Thu)
先日の代表戦では大津くんのデビューに多くの女性ファンが声援を送ったそうだが、サッカー、特に日本代表にはビジュアルから入るライトなファンも数多い。
そこで、個人的にこれは! と思ったハンサムイレブンを紹介したい。天は二物を与えたもうた!

ikemeneleven

あまりクセのない、最大公約数的なハンサム代表だと思うがいかがだろうか。ちょっと古めの人選かもしれんけど。
すでに引退した選手なども含まれているのが残念だ。

あまりタレント扱いするのはどうかと思うが、スポーツにはいろんな楽しみ方があるのでハンサム選手のファンもどんどん増えてもらいたい。
スポンサーサイト

『SANDLAND』

2013.02.14 (Thu)
『SANDLAND』は2000年に連載された鳥山明のマンガ。
これは個人的には名作とか傑作とかいうより、力作であるといいたい。

本作は『cowa!』『カジカ』に続く短期連載モノで、悪魔の王子である’ベルゼブブ’が初老の保安官’ラオ’と一緒に幻の泉を求めて旅に出るストーリー。
ちょっと不思議な少年が人間と一緒に何かを探して大冒険、という基本フォーマットはすっかりおなじみだ。

『SANDLAND』を、鳥山作品にはあまり似つかわしくない(?)力作と称したいのは、ストーリーよりも作画の面で文字通り力が入っていると感じるからである。

この作品が生まれたのは「戦車と老人を描きたい」との動機からだそうで、ラオと戦車等のメカニックが大活躍する。ミリタリー模型マニアである著者の趣味性が思う存分反映されていて、ジャンプ連載の少年マンガとしては、かなり異色だ。どことなく宮崎駿でいうところの『紅の豚』に通ずる趣があるかもしれない。
しかしそこはデザインセンスに定評のある鳥山明。かっこいい戦車と老人を眺めているだけで十分に魅力的である。おまけに最後はお得意の超人バトルも楽しめるし、ちょっととぼけた悪役の’スイマーズ’も良い味付けになっている。
この時期はまだmacによる描線ではなく、ペンで描かれた線を取り込んでいるからか、線に力強さがあって個人的にはそれも好みだ。

見ているだけで楽しいのは鳥山マンガの大きな特徴だが、好きなものを好きなように描いているだけあって、本作は特に絵が優れているように思う。
近年は奥深いストーリーや緻密な設定、練り込まれた構成などが語られる作品も多いけれど、やはり絵の力も相当に重要なのだと再確認できる。小説や映画にはない、マンガならではの表現だ。この点で鳥山マンガはレベルが高いゆえに、何度も読み返したくなる魅力があるのだろう。

マンガ家・鳥山明が描きたくて描いたこの力作を、是非たくさんの人に楽しんでもらいたい。

『cowa!』

2013.02.13 (Wed)
『カジカ』に続いて『cowa!』(鳥山明)の話。
『cowa!』はカジカの1年前、1997年の連載作品だが、こちらのほうが圧倒的に面白く、新鮮さに満ちている。

オバケと人間がのほほんと一緒に暮らす’岬’は、鳥山氏本人が語るように『Dr.スランプ』のペンギン村に近い。主人公パイフーをはじめとした登場人物も’よいこ’ばかりで、鳥山明の本質であるシュールでイノセントな世界が描かれている。

本格的にmacを導入したという作画は、太く丸みを帯びた線とペイントによる表現が目立ち、『ドラゴンボール』後期のドライで角張った絵に比べるとガラリと印象が変わっている。鳥山氏も「絵本のような作品が描きたかった」とコメントしており、一言でいうとかわいらしい雰囲気だ。

また、もともとコミックス1巻分の短期連載と決めていたらしく、ストーリーもスッキリまとまっている。素直で優しくてちょっとイタズラ好きなオバケの子どもたちと、粗野で乱暴だけど心優しいオジサンのやりとりは、フフと笑ってしまうようなおかしみがある。こういう気恥ずかしいくらいのくだらなさ、バカバカしさを正面切って描けるのは、鳥山明ならではだ。
それでいて物語の最後は、およそ鳥山らしくない、割とベタな良い話でまとめられており、かわいらしい画風と相まってほんのりと心を温めてくれる。過剰な演出もなく、独特な読後感がある。

今の週間連載ではなかなか人気を得難い作風だとは思うが、こういった少年向けおとぎ話を描ける鳥山明のセンスはやはり貴重。老若男女、万人におすすめできるマンガである。

『ドラゴンボール』で良くも悪くもがんじがらめにされた鳥山明が、本当に描きたいように描いた楽しさが伝わってくる佳作だ。

『カジカ』

2013.02.12 (Tue)
『カジカ』は1998年に連載された、鳥山明の作品である。コミックス全1巻。

最近読み返したが、この作品は鳥山マンガとしてははっきり言って凡庸である。
強くて純粋な主人公カジカや、クールなライバル・イサザといったキャラクター造形。「ドラゴンの卵」をめぐる冒険。かめはめ波のような技。カジカに秘められた真の力。などなど、ざっと見渡すと『ドラゴンボール』の亜種といった感が否めない。

相変わらず雰囲気はカラリとしていてサクッと読めるし、戦闘の描写もさすがの上手さ。しかし『ドラゴンボール』を10年読んだ後では、新鮮さはほとんど皆無だったといっていいだろう。連載当時も「もうこれしか描けんようになってしまったのか…」と思ったものだ。

『ドラゴンボール』後、殺伐としたバトルに辟易し、『Dr.スランプ』のような牧歌的な世界に回帰した鳥山明であるが、この『カジカ』には『ドラゴンボール』後期のような暴力表現も少々見られる。その点でも、どうも中途半端な印象が残ってしまう。

カジカやイサザなど、淡水魚の名前なんかをうまくキャラクター名に使うあたりは、いかにも鳥山ワールド。話や設定はなんでもいいから、とにかく鳥山ワールドに触れていたいというコアなファンだけが楽しめる作品かもしれない。僕はそっち側です。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。