Layabout

物忘れが激しく物覚えが悪い、三十路の備忘録

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レナードの朝』

2013.03.27 (Wed)
引き続きHulu無料期間につき視聴。
昔友達がよかったと言っていた『レナードの朝』(1990年)を観ました。

これは真実の物語である——とアメリカンな雰囲気で始まる、実話を基にした映画。
嗜眠性脳炎の患者たちが、パーキンソン病向けの新薬によって一時的に奇跡の回復を見せたという事実を下敷きにしていますが、映画らしく人間ドラマやメッセージも多分に味付けされています。

嗜眠性脳炎というのは、ごくごく簡単に言うと、まったく体が動かなくなり意識も感情もなくなって「魂がなくなった」ような状態になってしまう原因不明の病だそうです。
セイヤー医師(ロビン・ウィリアムス)はそんな状態の患者を前に途方に暮れてしまうのですが、あるとき患者の一人であるレナード(ロバート・デニーロ)に「L・ドーパ」という新薬を投与したところ、驚異的な回復を目にします。そして他の患者たちにも同様の処置をして、次々に目覚めさせていく。

レナードが病を発症してから目覚めるまで、実に30年。当人はその間の意識も記憶もないわけで、いわば浦島太郎状態です。うーん、知らぬ間に30歳も歳をとってしまった自分とか、途方もない青春の時間を失ってしまった喪失感とはいかほどでしょうか。しかし、だからこそ「生を取り戻した」ことがレナードには尊く感じられるんですね。

レナードは、みんなの生き方は間違っている、もっと生きていることを喜ぶべきだというようなことを主張します。生をことさら噛み締めている自分からしたら、のんべんだらりと生きている(ように見える)周囲にギャップを感じるのもむべなるかな。セイヤーにいたっては、人付き合いが苦手で恋愛にも前向きになれないようなしみったれですからね。一方のレナードは好きな人もできて、30年遅れの青春を謳歌し始めます。

ところが。
嗜眠性脳炎が突如再発。やがてレナードを含めたすべての患者が、まるでそれまでが夢だったかのように、もとの「魂がなくなった」状態に戻ってしまいます。これが事実なのですからとても悲しい結末ですが、ほんのひとときの奇跡だったからこそ、レナードの人生観や生へのポジティブさが鮮烈な余韻を残すんですね。


正直言って、死や病と向き合う人の姿から生きる意味を考えるというテーマ自体は、ありふれていると思います。なのでこの映画だけ特別に感激するようなこともありませんでした。
あえていうなら、ロバート・デニーロの熱演には心動かされるものがあります。ストーリーうんぬんよりも、与えられたわずかな時間に見せたレナードの一挙手一投足が、本作の訴えたいことのすべてのような気がしました。


何十年も動けなかった人たちが急に歩いたり走ったりすることとか、病状が悪化するレナードへの投薬量がかなりアバウトに増やされていくところとか、ちょいちょい「??」となる部分もありましたが、悲しくも清々しい良質なドラマです。
スポンサーサイト

『英国王のスピーチ』(Hulu試聴)

2013.03.21 (Thu)
Huluで試しに『英国王のスピーチ』を観ました。
公開当時も気にはなっていたのですが、結局観られなかったのでなんとなくこの機会に。

吃音症に悩むジョージ6世が言語療法士ライオネル・ローグと出会い障害を克服していくストーリーです。
不勉強な僕はそんな史実をまったく知りませんでした。

ジョージ6世とローグの2人に焦点を当てているため、その他の人間関係や時代背景は割とあっさり描かれています。
なので、ジョージ6世が王位を継ぐにあたっての苦悩とか、当時の英国がおかれた困難な状況みたなものは少々伝わりにくいかもしれません。
その代わり、ローグに少しずつ心を開きながら王として立ち上がっていくジョージ6世の人物像がとても鮮明で印象的でした。

”吃音症の克服”が表面上のテーマですが、史実とはいえそれはひとつのギミック。弱みひとつ見せることさえできなかった英国王が、一人の人間として自分を再発見し、自信を身につけていく成長こそストーリーの根幹かなと感じました。
それを可能にしたのがローグの存在。ときにジョージ6世を挑発し、ときに寄り添い、ガチガチだったキングの心をむき出しにしていきます。そうして生まれた2人の、英国王にとって初めての友情は清々しく、うまい具合にクライマックスを感動的に仕上げてくれます。

最後、第二次大戦参戦に際してのスピーチが始まる頃には、「あーうまくいくかなーハラハラ」と観ているこちらもついつい力が入ってしまうことうけあい。
涙が出るようなものではないですが、よかったよかったと気持ちよく見終われる映画でした。

香港映画はHuluで

2013.03.21 (Thu)
iPodtouchで映画を見てみたいとiTunesでの映画購入orレンタルを検討していたところ、Huluの2週間無料に見事に釣られ、試しにアカウントを作成してみました。
そんで早速『英国王のスピーチ』を鑑賞。以下Hulu雑感。

・ストリーミングだけどストレスなくサクサク見られる(光回線のwifi環境)
・ゴロゴロしながら見られる
・イヤフォンのおかげか、集中できる
・ダウンロード不要だから容量をくわない
・レンタルじゃないので「いつ見るの?今でしょ!」という焦燥感なし

などなど、視聴環境的にはなかなかイイ! という感想です。
が、肝心のコンテンツラインナップに多少の不満はありますね。
やや古い作品なのはまあ仕方ないとしても、数の少なさはやっぱり気になっちゃいます。月額980円ですから贅沢言えませんけども。

なので、見たい作品をピンポイントでご所望の方は、普通にツタヤで借りたほうがよろしかろうと思います。
有名無名問わず、とにかく空いた時間に手当り次第映画を楽しみたいという受動的スタイルの方には、このHuluが向いているかもしれんです。

しかし!
僕が本当にHuluをおすすめしたいのは、香港映画が大好物のみなさんです!
とにかくもうジャッキージャッキー、そしてジャッキー! もちろんブルースリー作品も一通りあるし、『燃えよデブゴン』あり、かの怪作『片腕ドラゴン』ありと、「どうして?」と問いたくなるほどの充実っぷり。

正直僕は現状のHuluを利用し続けるつもりはありませんが、これだけは迷いなく言えます。
香港映画はHuluで!

黒人カウボーイの西部劇 『ジャンゴ 繋がれざる者』

2013.03.18 (Mon)
タランティーノの最新作、『ジャンゴ』観ました。
165分という大作ですが、サクサク話が進むので意外とダレずに観られました。あんまり複雑な筋書きじゃなく、前に前に進んでいくからわかりやすいのかも。あと結末がどうなっちゃうのか読めないから飽きずに楽しめます。

本作の主人公は解放奴隷の黒人ジャンゴ。とあるドイツ人賞金稼ぎとの出会いから自由を得たジャンゴが、ミシシッピーの農場主カルビン・キャンディのもとで奴隷になっている妻を奪還しに行くストーリーです。
瞬く間に凄腕ガンマンへと成長し愛する妻を助けようとするジャンゴと、奴隷をこき使って高笑いする成金キャンディの対比は、わかりやすく逆立ちした西部劇的勧善懲悪。そもそも黒人カウボーイ(しかもジャンゴ)のマカロニ・ウエスタンという時点で猛烈にシニカルなわけですが、とにかく、これまで黙殺されてきた白人の悪辣な面を見よというタランティーノ先生の意図がうかがえます。

ところが映画を見終わる頃には、構図はもう少し複雑に。
ジャンゴの師匠というべき賞金稼ぎは奴隷制度を憎む白人だし、キャンディの奴隷頭(サミュエル・L・ジャクソン)はジャンゴと同じ黒人で奴隷なのに小憎らしい敵役だし、キャンディは優れた黒人を認めているような節があるし、どうしようもない阿呆みたいな白人も描かれる。
単純に人種の立場を倒錯させて平等を語るんじゃなく、もうちょっと大きな、人間の性(さが)や業や尊厳みたいなものを認めようとする態度がこの映画にはあるんじゃないでしょうか。大げさに言うと。

とまあ小理屈を並べてみたものの、やはりタランティーノの映画はエンターテインメント。最後はムカつくやつらにガンガン銃をぶっ放し、終いにはドカンと大爆発してみんな粉みじんです。四の五の考えるのは後にして、「やっちまえジャンゴー!」ってな感じで楽しむのが正解なのかもしれません。
(個人的にはタランティーノがカメオ出演して爆死しちゃうところがバカバカしくお茶目で好きです。ああいうの絶対に自分でやりたいんだろな)
例によって凄惨なシーンが満載で、生きるか死ぬかのヒリヒリした緊迫感もありますが、奴隷に対する暴力や彼らの怒りを描くという点では、表現的にはすごくマッチしているように思いました。


過去の白人ヒーロー西部劇が無視してきた奴隷制度に突っ込んだ、などというものだから、なにやらタランティーノっぽくない社会派映画をイメージしていたのですが、ふたを開けてみれば、まあいつも通りでした。
容赦ない暴力、飛び散る血飛沫、クールなBGM、個性溢れるキャラクター、サミュエル・L・ジャクソン、漂うB級臭。
安心のタランティーノブランドです。

<蛇足>
この映画は『続・荒野の用心棒』を下敷きにしているらしく、それ以外にもジャンゴとシュルツの師弟関係や雪の中の殺し合いなど、西部劇へのオマージュが様々に散りばめられているみたいです。
映画好きならその辺ニヤリとできるかと思いますが、特に映画通でもない僕の頭によぎったのは『Steel Ball Run』でした。そうです荒木先生のマンガです。
思い返してみると、ジャイロとジョニィの師弟関係だったり、リンゴォとの決闘だったり、殴るより撃ち合う戦いだったりするのは、西部劇を参照しているのかなと今更ながらに思いました。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。