Layabout

物忘れが激しく物覚えが悪い、三十路の備忘録

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告とウソ

2012.12.18 (Tue)
 僕がペニーオークションといわれるものを初めて目にしたのは4年ほど前だったと記憶しているが、うまい商売を考えるもんだなと思った。それというのも、運営側が絶対に損をしない操作を簡単に実行できそうだったからだ。
運営側が一方的に出品している点、入札行為そのものに課金していることから、儲けが出ないまま落札させる可能性は少なそう。サクラに低額で落札させて撒き餌を放つことも容易だろう。
 黎明期こそ「タイミングがよければ得をするかも…」と考える利用者もいただろうが、同じようなサービスが乱立し、そこかしこで「PCが300円で手に入った!」みたいな広告リンクを見かけるようになった今、利用する人はよほど正直者か迂闊であると言わざるを得ない。そんなにウマい話があるはずがないのだ。

 このペニオクという信憑性の低いサービスを、利用してもいないのに、さも利用して得をしたかのように装ってブログを書いてしまったタレントはちょっと良識を疑う。サービスをよく知らなかったと言うしかないのだろうが、本当に知らなかったのなら知りもしないで書いていた行為に問題があるし、少しでも知っていたとしたら、いい大人、ましてや広告の世界で生きてきた方々ならそのサービスの裏側に考えが及ぶのではないか。
 問題は対価をもらってサービスの広告塔になったことではない。ウソをついて紹介してしまったことが咎められているのだ。しかもそれが消費者の不利益になりかねないサービスだったのだからダブルパンチである。

 ステルスマーケティングという言葉が一般的になり、メディアのあらゆる「オススメ」や「口コミ」「ランキング」に疑いの目が向けられるようになった。これで芸能人のブログも晴れてステマ認定され(そもそも露骨だったが)、広告価値は下がり、食い扶持は減るだろう。バレずにやっていたタレントからしたらいい迷惑に違いない。

 最近ことさらにステマ、ステマと騒がれるようになったが、そんなものは昔からあった。
 雑誌にも記事風広告はあるし、ドラマに出てくる衣服や小物もスポンサー提供のものかもしれないし、テレビタレントが「最近の愛用品はコレ!」とかいうのも言わされているのかもしれない。「これ最高です!」「お前○○から金もらってんのか?」などというやりとりもそれを示唆している。ある小説には女子高校生にお金を払って口コミをでっち上げる描写などもあった。
 アパレル業界で顕著なように、流行やヒット商品は多かれ少なかれ仕掛けられたものであるし、消費者もそれを知らないわけではなかった。しかし作為的な部分が見えにくく、僕らも流行を楽しむという共犯関係がうまく築けていたといえる。
 ただ最近はそのやり方がうまくないというか、スマートでない。「こっそり煽動してやるぜ」という思惑が少しでも透けて見える広告は、主にネットユーザーに即見抜かれ、敬遠されてしまう。

 ネットで多角的に情報を手に入れられるようになると、いろんな意見が耳に入り、一方的なメディアの仕掛けに踊らされることが恥ずかしいことのようになった。情報弱者、情報強者という言葉が一部で使われているように、オススメに即飛びつく人は情報リテラシーの低い人として扱われてしまう。そして人々は消費に対して慎重になり、あらゆる物事に対して疑い深くなった。
 重ねて、世の中の不景気によってサイフの紐が固くなり、より間違いのないものを買いたい心理が働いたことも無関係でないと僕は思う。

 そんな中で登場したブログは、いかにも日常的で、ビジネスからは切り離された場所のようだった。著名人の本音や素が見える場所だった。ところがというか、やはりというか、ほどなくして広告が潜り込み今回の事案に至る。

 タレントがその知名度を商売道具にお金をもらって商品をPRする行為は、ビジネスとしてごく当たり前だ。
 ブログで安価に広告をうちたいなら、もう堂々と「今日はこの商品を紹介しまーす」でもいいんじゃなかろうか? ダメ?
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。