Layabout

物忘れが激しく物覚えが悪い、三十路の備忘録

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『007スカイフォール』タフなボンド、セクシーすぎるダニエル・クレイグ

2013.01.20 (Sun)
『007スカイフォール』観た。
父親が昔から大好きシリーズなんだけども、僕は本作で初めてちゃんと観ました。

だから歴代のボンド役がどうとかディープなことはわからんけど、ダニエル・クレイグはとってもかっこよかった。
アダルトな色気がムンムンで、トム・フォードのお洒落〜なスーツもスマートに着こなしてます。
あれはかっこええわ。

さて、50周年記念となる本作。
劇中で度々口にされている”オールドファッション”という言葉が象徴するように、
「古典的スパイ映画」と思われそうな007を現代に復活させるのがテーマです。
まだまだイケるぜ、ジェームス・ボンド! なめんなよ! ってなわけです。

このテーマはストーリーにもしっかり絡められていて、
時代遅れとされるボンドたち諜報機関がその存在価値を再び知らしめる…という戦いがお話の軸になっています。

IT社会の現代では敵も味方もすっかりハイテク。
メインの敵役(高山善廣っぽい)も「力と力の争いには辟易。ワンクリックでなんでもできちゃうぜ!!」なんてほざく始末。
いい具合に歳をくって体力も落ち気味なボンドおじさんは、もはや過去の存在なのか…。

この(なんか見た目が)高山善廣っぽい敵との会話の中で、趣味はなんだと訊かれたボンドがこう言います。
「リザレクション」

アナクロと言われようがなんだろうが、次々と襲いかかるピンチに経験と勘と機転、そして生身の肉体で立ち向かうボンド!
かつてジャイアンツの長嶋監督が”勘ピュータ”などと揶揄されていましたが、スペシャリストの一瞬のひらめきはどんなハイテクにも勝ることをボンドが証明してくれました! その場その場を”勘ピュータ”で乗り越えていくボンドの頼もしさよ。
パソコンやスマホみたいな小道具って、一昔前はそれこそスパイものの憧れアイテムだったはずですが、それらを当たり前に使うようになった現代っ子に差し出されたのは、圧倒的にタフな(そして色気ムンムンな)人間ジェームス・ボンドそのものでした。


情報化社会へのアンチテーゼというつもりはないでしょうが、フィジカルでタフな本作のボンドは、
今でもイケてる007をしっかりと刻み込むことに成功したのではないでしょうか。


すごく面白かったですけども、個人的にはもう少しスッキリ爽快に終わってくれたほうがよかったかな、と思います。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。