Layabout

物忘れが激しく物覚えが悪い、三十路の備忘録

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIGI-Zo

2012.10.12 (Fri)
 触ってみたいけど本気じゃなくてちょっとガラクタっぽいのが欲しくなる性分です。
 デジゾーもそうして衝動買いしたアイテムのひとつ。
 Zo-3というアンプ内臓エレキにエフェクターまでついちゃったというこのギターは、なんちゃってギタリスト必携の品。だってこれひとつあれば、とりあえずジャジャジャーとかギュワワーンとかティロティロとか鳴らせちゃうんだから! エフェクターの音もなんとなくそれっぽいのが一通りそろっていて、ギャンギャンやってるだけでなんだか嬉しい。

 そんな遊びからギターの楽しさに目覚め、いつかファンを沸かせてピックを投げたりギターを壊したり燃やしたりする夢を見るのがギターキッズなんですが、飽き性の僕はほどなくしてこのデジゾーを部屋の片隅に立てかけました…。買った当時の僕はすでに、夢を見るには年をとりすぎていたのです。

 ギャンギャンギュワワもいいですが、僕が本当に弾きたかったのはファンクのリズム。チャッチャカチャカポコやりたかったんです。でもまあ、カッティングはちゃんとしたテクニックなのでいきなりエディロバーツになれるはずもなく…。


 それにしても唯一うちにあるバンドスコアがスピッツとはどういうことなのか。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。