Layabout

物忘れが激しく物覚えが悪い、三十路の備忘録

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港映画はHuluで

2013.03.21 (Thu)
iPodtouchで映画を見てみたいとiTunesでの映画購入orレンタルを検討していたところ、Huluの2週間無料に見事に釣られ、試しにアカウントを作成してみました。
そんで早速『英国王のスピーチ』を鑑賞。以下Hulu雑感。

・ストリーミングだけどストレスなくサクサク見られる(光回線のwifi環境)
・ゴロゴロしながら見られる
・イヤフォンのおかげか、集中できる
・ダウンロード不要だから容量をくわない
・レンタルじゃないので「いつ見るの?今でしょ!」という焦燥感なし

などなど、視聴環境的にはなかなかイイ! という感想です。
が、肝心のコンテンツラインナップに多少の不満はありますね。
やや古い作品なのはまあ仕方ないとしても、数の少なさはやっぱり気になっちゃいます。月額980円ですから贅沢言えませんけども。

なので、見たい作品をピンポイントでご所望の方は、普通にツタヤで借りたほうがよろしかろうと思います。
有名無名問わず、とにかく空いた時間に手当り次第映画を楽しみたいという受動的スタイルの方には、このHuluが向いているかもしれんです。

しかし!
僕が本当にHuluをおすすめしたいのは、香港映画が大好物のみなさんです!
とにかくもうジャッキージャッキー、そしてジャッキー! もちろんブルースリー作品も一通りあるし、『燃えよデブゴン』あり、かの怪作『片腕ドラゴン』ありと、「どうして?」と問いたくなるほどの充実っぷり。

正直僕は現状のHuluを利用し続けるつもりはありませんが、これだけは迷いなく言えます。
香港映画はHuluで!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。