Layabout

物忘れが激しく物覚えが悪い、三十路の備忘録

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社二病とはいかに

2013.05.13 (Mon)
見事社会人デビューを果たし、
「社会ってこんなもんさね」
などと知ったふうな口を聞く人のことらしい。

たしかに、ちょっと仕事に慣れると、なんかいろいろわかった気になっちゃうんだよなあ。
客や上司や、会社の組織を批判してみたりしてね。
「学生はよかったな〜」
なんてつぶやき始めたら、まあいかにも社会人2年目という状態でしょうか。

でもね、個人的な実体験も含めて考えると、
20代後半
がもっと危険な感じがすんだよね。

それこそ強化版社二病といった症状で、まあ調子に乗る。
社内でもちょっとしたポジションになってたり、もしかすると部下がいたり。
仕事にはすっかりこなれて、あいつは仕事ができる、あいつはできない…なんて言ってみたりする。
おまけに学生を見ては「若いなあ(笑)」とか。
本当は若いつもりでいるくせに「オレみたいなおじさんはさあ…」とか。

いやはや、自分で振り返ってみても相当に勘違いしていた気がする。

しかし、多かれ少なかれこうした病にかかったとしても、さらに歳を取れば「あれ…?」って気がつくはず。
そしてそういう人こそが、年下を見つけて「社二病(笑)」とか言いたがるんだ。

だから僕は人の社二病がどうしたこうしたと言わないようにする!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。