Layabout

物忘れが激しく物覚えが悪い、三十路の備忘録

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンフェデ惜しかった! 前田にも決めてほしかった!

2013.06.20 (Thu)
イタリア相手に4-3の惜敗。純粋に観てて面白い試合だったけど、うーんカテナチオは遠くになりにけり…。

まるで別なチームかと思うほどアグレッシブさを見せた日本。特に前半の猛攻は近年見たことがないくらいの迫力だった。パスは回るし隙あらばシュートを打つ! なんという攻め気! 正直、イタリアを圧倒していたと思う。

それでも結果は4失点の逆転負け…。願わくば勝ってほしかったけども、イタリアには、ブラジルとは違う種類の強さを見せられた気がする。どんなに劣勢でも少ないチャンスを活かして勝ち切る試合巧者ぶり。ブラジルを相手にした日本にはなかったもんなあ。あな悔し。

この試合の前田はプレスに走り回り、惜しいシュートを放ったりと、結構良かったんじゃないでしょうか。チーム全体のリズムは前線のチェックから始まるようだし、そこから奪って人数をかけて分厚い攻撃ができていたはずだから、現状センターフォワードの一番手としてハマっていることは示せたように思う。いらないなんて言わないで!
ただやっぱり本田や香川に比べるとやや打開力に劣るし、岡崎もこの試合は相当キレてたんで、ボールに絡む場面でのインパクトは残せなかったかなあ。前半のどフリーで打ったヘディングは決めてほしかったわい…。

個人的には岡崎に感激! 素晴らしいゴールを決めたのはもちろん、球際での「もう一歩」というか足を出す粘り強さが際立っていた。「試合後に嫌な相手だったと思われたい」という岡崎くん、確実に嫌がられていたぞ!

逆にちょっと不遇なのがハーフナーかなあ。彼は高さを期待されているんではないのかね。終盤の日本は点を取らなきゃしょうがなかったわけだけど、ハーフナーを狙ってパワープレーってよりは、前半と同じように確実につないでつないで香川、本田、長友あたりで崩そうとしていた気がする。
まあセットプレーのときなんかは脅威になるだろうから、そういうオプションとして選ばれているんだろうかね。
つくづくあのチームのセンターフォワードは役割が難しいと思うよ。


いやー実に悔しい敗戦でしたけども、日本のポテンシャルは十分見せてもらいました。
メキシコ戦も頑張って。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。