Layabout

物忘れが激しく物覚えが悪い、三十路の備忘録

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗』

2013.08.25 (Sun)
僕が小さい頃、リアルタイムで放送されているウルトラシリーズはなかった。それにも関わらず、ビデオや本でウルトラマンに親しみ、ソフトビニールの人形を買ってもらってはガシガシ戦わせて遊んでいたものだ。
僕が中学生くらいになると、ティガをはじめとした新シリーズが始まったりして、従兄弟のちびっ子なんかはやはり夢中になっていた。

かように子どもに大人気のウルトラマンが、泣いているだとぅ!?
かつて栄光を築きながらも次第に輝きを失っていった円谷プロ。その栄枯盛衰を、円谷英二の孫である円谷英明氏が綴ったのが本書である。

この本には、優良なコンテンツ作りと版権ビジネスの難しさが、よく表れていると思う。
今やパチンコメーカーの連結子会社、作品の商品化権もバンダイが握り、自社不動産も売却、創業者一族はすべて放逐という円谷プロの現状は、ウルトラマンでなくても泣けてくる。

どうしてこうなった…!

そもそもウルトラシリーズを1話制作するには、予算を超える莫大な資金が必要だったという。これには円谷英二の作家としてのこだわりも多分に影響しているのだが、質の高い作品を作れなければ人気を得られない。こうしたクオリティと予算のジレンマはコンテンツの制作現場では往々にしてよくあることだろう。

良質な作品を残しながらも、作るたびに赤字が膨らみ疲弊していく円谷プロ。
このジリ貧状態を抜け出そうと注力したのが版権ビジネスである。
本書では特に、三代目社長:皐(のぼる)氏によって、版権ビジネスに大きく舵を切っていく様が描かれている。このあたりの著者の語りは、よほど忸怩たる思いがあるのか、恨みがましいほどに執拗だ。
版権ビジネスを進める一方、コンテンツの源である制作部隊、制作費はことごとくカット。合理化といえば聞こえはいいが、ウルトラマンを生み出した制作現場こそが競争力の源泉だと考えている著者にとっては受け入れられないものだったようだ。

版権ビジネスは一時成功を収めたものの、ほどなくして失速。失敗の理由はいくつも書かれているが、皐氏の独断専行や経費乱用、海外での豪遊…などなど、三代目社長に対する糾弾はやはり色濃い。良くも悪くも合理的かつ打算的なビジネスパーソンだったのだろうが、本書においてはもはや悪代官でしかない。

著者の個人的思いはさておいて、海外での版権ビジネスにまつわる悲喜こもごもは面白かった。
米国での失敗、タイの会社との権利争い、中国への進出断念。権利をうまく使って儲けることが、とりわけ海外ではかように難しいのか、と思わされる。
日本ではまがりなりにも大人気だったウルトラマンをもってしても、海外で勝つのは容易でないのだ。
ガラパゴス日本におけるドメスティックな作品人気は、海外マーケットでは信用ならない。しかしそれ以上に、権利者の立ち回りや市場作りのヘタクソ具合が本書では際立つ。

コンテンツという資産をうまくマネタイズできなかったがために、かつてのような素晴らしいウルトラシリーズは作れなくなってしまったのである。かといって制作ポリシーや作家性だけでも赤字続きに陥る。皐氏の人間性はどうであれ、版権ビジネスや世界展開といったチャレンジ失敗は実に惜しいものだった。

本書は客観的な事実に基づいてはいるものの、全編を通して著者の恨み節というか怨念のようなものが染み付いている感は否めない。僕は正直、自分だけは正しかったと言わんばかりの書き方にはいくらか違和感を覚えた。
ここまで後腐れありまくりの円谷一族の現状にこそ、円谷プロの限界があったように思えてならない。

コンテンツビジネスの内幕を知るには、なかなか面白い本でした。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。