Layabout

物忘れが激しく物覚えが悪い、三十路の備忘録

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドラゴンボールZ 復活のF』

2015.05.04 (Mon)
面白かったとも、つまらなかったとも言えない、なんとなくモヤモヤとした感覚だけが残った映画だったなあ。

僕はどっぷりとドラゴンボールにハマった世代だ。
今でも年甲斐もなく原作漫画を読み返すし、『神と神』も観た。
正直今回の『復活のF』は映画館でなど観るつもりはなかったのだが、ひょんなことから人に誘われて観た。

公開前からほとんどネタバレされていただけに、期待感のようなものはなかった。
それでも観てみようかと思えてしまうのは、ドラゴンボールだから、という以外に理由はない。

ドラゴンボールは頭空っぽにして夢詰め込むものだから、あまり小理屈を考えてはいけない。
とはいえ、とはいえですよ、どうにも消化できないもどかしさはあったなあ。

そもそもサイヤ人編以降のドラゴンボールが持つ殺伐とした空気と緊迫感は、鳥山明の本性であるペンギン村的なのどかさとはかけ離れている。というか対極にある。
ドラゴンボールが爆発的な人気を獲得したのは、サイヤ人編以降の、次に何が起こるかわからない中で果てしなくエスカレートしてく物語の演出と勢いによるところが大きい。

今回の映画は特に僕らに絶望を感じさせたフリーザを復活させ、宣伝でもやたら恐怖感を煽っていた。
ところが蓋を開けてみれば、緊迫感とのどかさの、どちらも中途半端なところに着地してしまっている。

『神と神』で鳥山明が原案をてがけたところから、ドラゴンボールはのほほんとした世界へと舵を切った。
破壊神ビルスのおちゃめな佇まいはその象徴だろう。
めちゃくちゃな力を持つけど怠け者でおいしいものが大好きな猫顔の神、などという存在は、はっきり言ってペンギン村にやってきてアラレちゃんと遊んでいても違和感がない。
だから、行き着くところまで行ってしまったドラゴンボールの世界に、鳥山明らしい感性で物語を継ぎ足していくと、どうしたってギクシャクしてしまう。
殺伐としていた頃の象徴であるフリーザは、もっとも足を踏み入れてはいけない存在だったといっても過言ではない。

事実、どれほどフリーザが強かろうと、もっと強いビルスやウィスがパフェを頬張っている限り絶望感など皆無である。
いくらピッコロあたりが、やばいやばいと焦ったところで、ハラハラもドキドキもしない。
まあ、これは僕が大人になったからであって、小さな子どもたちは純粋にドキドキしていたのかもしれないけども。

この映画を観てあらためて思ったのは、今のドラゴンボールは、今の鳥山明が描く新しい物語だということ。
今の子どもたちが楽しめるならそれでいいんだ。
僕も悟空が喋って動いて戦っているだけで楽しめる部分はある。

かつて僕らをエキサイトさせてくれたドラゴンボールは、胸にしまっておこう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。